顔痩せには表情筋を鍛えるのが効果的

筋肉は使われないと、どんどん衰えてきます。

 

重力によって下がってくるせいで、
頬やあごなどにたるみが出ると顔の面積が大きく見えてしまいます。

 

全体的に締りがないというイメージになるため、
実年齢よりも老けて見られることもあるのです。

 

この状態を改善させるには、
意識して表情筋を鍛えることが効果的です。

 

筋肉が衰える理由として加齢も関係してくるのですが、
年齢を重ねても同年代より若く見える人は、
この表情筋がしっかり鍛えられています。

 

普段からよく笑ったり食べるときは十分に噛んだりするだけでも、
表情筋が動いていることになるからです。

 

これを見習って、
日常生活のちょっとした場面でも表情筋を動かすようにするとよいです。

 

そのほか顔のエクササイズを行うことも、
顔やせの効果が期待できます。

 

筋肉はあらゆる部分についていますので、
どこを動かしても効き目がありますが、
特に気になっている箇所を中心に鍛えるようにします。

 

たとえば頬のたるみを改善したい場合、
空気を吸いながら口をすぼめて頬をへこました状態をキープしたあと、
口を大きくイと発音する形にして、
そのまま数秒保つ動作を何度か繰り返すと頬の表情筋が動きます。

 

このとき顔を上に向けて行うと、
あごから首にかけてのラインも引き締まりますので、
さらに顔やせできるようになります。