二重あごは見た目+3キロの恐怖

痩せていても二重あごになっていると、
実際の体重よりも見た目が
3キロくらい多く見えてしまうといった話があります。

 

3キロは冗談でしょうと思う人も多いと思いますが、
これはあながち間違いではありません。

 

実際にそこまで痩せていなくても
顔が小さいと見た目にはそこまで太って見えないのと同じです。

 

ではそのように3キロ分損してしまわないように
二重あごを撃退するにはどうすればいいのでしょうか。

 

方法は簡単です。

 

美容器具などを購入する必要もありません。

 

ただ姿勢を正して真上を向き、
あいうえおの口を顔の表情筋を使ってするだけです。

 

思いっきり顔の表情筋を動かすことによって余分な肉がなくなり、
リフトアップ効果もあります。

 

継続しているとすっきりとした小顔になり、
あごのたるみもなくなります。

 

いの表情をしたときに
あごの下の肉が引っ張られている感覚があるはずですが、
それが効いている証拠です。

 

即効性はないので毎日継続することが必要ですが、
数週間すると顔が変わってきたのが実感できるはずです。

 

二重あごがなくなると顔がすっきりして
美人になったと言われた人もたくさんいます。

 

気付いたときにこのエクササイズをするようにして、小顔美人になりましょう。

二重あごの恐怖

人の見た目の体重を決めてしまうのは、
直接的な体の大きさだけではなく、
顔に付いている脂肪の量も重要になります。

 

これは人は外見を判断する時には、
顔が大きな要素になってしまうために、
この顔の大きさが大きければ大きいほど、
より見た目が太っているように感じ取られてしまうことになるのです。

 

特に二重あごになってしまうと、
実際の体重よりも多く見られてしまい、
3キロ体重が多く見積もられてしまうことになるのです。

 

二重あごが作られてしまうと、
顔の体積が大きくなってしまいます。

 

あごの部分においては、日常生活において、
あまり大きく動かさない部分でもあります。

 

なので、油断してしまうとすぐにあごの部分に脂肪が蓄積しやすくなってしまい、
そして二重あごになってしまうのです。

 

体重的にはそれほど太ってはいなくても、
二重あごが作り上げられてしまうのは、
このようにあごを動かす要素が少ないからなのです。

 

二重あごは同じ体重であり、
また同じ体型で合ったとしても、
太っているような印象を与えてしまうことになります。

 

逆にいえば、ちょっと体重が多い場合であっても、
二重あごが作られていなければ、
見た目においては3キロほど痩せて見られるようになるのです。